Press_Ayako Ito by JuanCarlosVillarroel.jpg
Photo by Juan Carlos Villarroel

​A brilliant concert, in which the sense of time and space was suspended-not the least owning to the personality and charm of the performer

review from the debut recital, Musica Nova

Jos van Immerseel & Ayako Ito:

Divine cross-pollination of miraculous piano virtuosos

  review, duo concert Van Immerseel & Ito

2020年にベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を、2018年にベートーヴェンの「合唱幻想曲」を、ベルギーの古楽オーケストラ、アニマ・エテルナ・ブリュッヘとの共演でクスフェルト、ブルージュ、フランクフルトにて演奏した。使用楽器は、1830年頃のトレントリン。​

2000年より歴史的な鍵盤楽器でリサイタルを行なっており、2005年には東京でベートーヴェンのディアベリ変奏曲を演奏し、音楽雑誌などで好評を博した。2013年に発売された初めてのCDでは、リスト、ドビュッシー、ファリャの作品をエラール・コンサートグランドピアノで録音している。ラジオやテレビへの録音を定期的に行ない、ヨーロッパのMezzo、Klara、日本のNHK、FMなどで放映されている。

室内楽にも熱心に取り組み、2台の歴史的なピアノでのデュオをジョス・ファン・インマゼール氏と共演。このデュオ公演は「奇跡のピアノ・ヴィルトゥオーゾ」と評された。

東京生まれ、桐朋学園大学音楽学部卒業。

ヨーロッパに渡り現代ピアノをパリでテオドール・パラスキヴェスコ氏に、そして歴史的ピアノ(フォルテピアノ)をベルギーアントワープ王立音楽院にて、ジョス・ファン・インマゼール氏に師事した。2002年に修士課程、フォルテピアノと室内楽を最高栄誉賞で卒業。その後3年間、アントワープの母校でフォルテピアノ科の客員講師を務めた。 

​作曲家にインスピレーションを与えた楽器を用いて鍵盤作品を再発見することが、その音楽を驚くほど新鮮に響かせられる方法だと感じており、沢山の方々に優れたフォルテピアノで弾く名作の数々を聴いてもらうために活動を続けている。

Ayako Ito played Beethoven's Third Piano concerto with Anima Eterna Bruges in 2020 and his Choral Fantasia in 2018 (in Coesfeld, Bruges and Frankfurt on a Tröndlin instrument, ca. 1830)

 

She has been giving recitals on period instruments since 2000. In 2005, she presented Beethoven's Diabelli Variations in Tokyo, a recital that was warmly celebrated by the press. Her first CD - of works by Liszt, Debussy and De Falla played on an Erard concert grand piano - appeared in 2013. She regularly records for radio and television, including for Mezzo and Klara in Europe and NHK and FM in Japan.

 

She is a passionate chamber music player, with her appearances including duo on two historical pianos with Jos van Immerseel. The Immerseel-Ito duo has been reviewed as a "Divine cross fertilisation between miraculous piano virtuosi".

 

Ayako Ito was born in Tokyo and studied at the Toho Gakuen College of Music. In Europe, her studies were with Theodor Paraskivesco in Paris for contemporary piano and with Jos van Immerseel for period instruments (fortepiano) at the Royal Conservatoire in Antwerp. She attained a Master's degree summa cum laude for fortepiano and Chamber Music in 2002. This was followed by a three-year spell as a guest fortepiano teacher at the same Conservatoire.

The rediscovery of piano works on the instruments that inspired their composers can make the music sound surprisingly fresh. Ayako Ito takes delight in letting a wide audience hear the quality of these masterpieces on the very finest fortepianos.